i-WiLLについて 利用規約

この利用規約は、株式会社OCS(以下、「OCS」という)が提供するi-WiLL(以下「システム」という)をご利用される前にお読み下さい。OCSはお客様が利用規約に同意されていることを前提に、サービスを提供させていただきます。お客様が下記の利用規約(以下「規約」という)に同意できない場合は、システムをご提供出来ません。システムへのアクセスと使用はお客様ご自身の責任において行われるものとします。
システムへのアクセスと使用は、お客様、またはお客様が代表権を与えられている法人(以下、「お客様」、という)が、利用規約による拘束を受けることに合意したことを意味します。

  • 1.規約の範囲
    OCSのお客様は、システムを通じて利用できるすべてのサービスの使用に以下の規約が適用されます。
  • 2.規約の変更
    OCSは規約をいつでも改定・更新することができます。お客様が規約の変更後もシステムを続けてご使用になることは、お客様がそれらの変更に同意したことを意味します。システムの機能・提供形態についても、OCS独自の権利として、予告なく変更、付加、削除、または更新されることがあります。
  • 3.提供条件
    システムはOCSから提供されます。お客様はシステムを使用するにあたりIDおよびパスワードが必要となります。この場合にお客様は、自己のID及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。またシステムの利用に関し、自己のID、パスワードについては、第三者に利用させてはならないものとし、また、譲渡、貸与、付担保その他一切の処分をおこなってはならないものとします。システムを使用できるお客様は、OCSと合意し、文書によりID、パスワードを付与された法人および個人に限られます。
  • 4.個人情報保護
    OCSはシステム上のプライバシー保護に最大限の注意を払っています。
    お客様から得られた個人情報の使用については、OCS個人情報の保護が適用されます。
    お客様の個人情報は、法律に基づいて開示を求められた場合を除き、第三者に開示・提供することはありません。
    また、システムにおいてお客様が独自にダウンロードされた、あるいは印刷された情報の保護については、OCSに責任は無いものと致します。
  • 5.使用ライセンス
    システムのライセンス及びそのソフトウェアの知的所有権はOCSに帰属します。お客様はシステムのソフトウェア、および知的所有権をコピー、複製、変更、アップロード、転送、配布をすることはできません。
    OCSはシステムを通じてお客様がOCSのサービスをご利用いただくアクセス権、およびお客様データのみを提供いたします。アクセス権は事前にOCSとの合意の元に作成されたID・パスワードのみに限定いたします。ただし、パスワードについてはお客様の任意の変更が可能です。 OCSが指定したアクセス方法および利用方法以外の方法による利用は、OCSによる明示的な許可が無い限り禁じられています。
  • 6.システムの使用上の制限
    規約において述べられた制限の他に、お客様は以下に同意するものとします。
    • システムを通して取得された情報(CSVデータ)などを不正に変更しないこと。
    • 誤った、または誤解を招く情報をシステムに入力・出力しないこと。
    • ウィルスなど不正なプログラム、アクセスによりシステムの情報を破壊しないこと。
    • ID・パスワードなどを第三者に伝えない、また使用をさせないこと。
  • 7.システムを通しての出荷関連システムおよび情報へのアクセス
    システムは、お客様自身が入力された貨物情報(追跡情報、集荷住所、出荷先情報など)を保持しています。これらの情報の入力・閲覧・修正に関しては限定されたID・パスワードを正しくご利用されたお客様のみにご提供される機能です。
    これらの情報は、第三者への開示、OCSのご利用以外の目的には使用出来ません。
    また、ID・パスワードなどの第三者への提供はできません。
  • 8.システムの運用について
    システムはOCSの提供するサービスをお客様側でご利用できるソフトウェアです。
    特定のWEBブラウザ(インターネットエクスプローラー7.0以上、ファイヤーフォックス3.0以上、サファリ3.0以上、クローム1.0以上)上で作動するもので、それ以外のお客様での環境(別のブラウザ、カスタマイズされたシステム)上での動作を保証するものではありません。また、システムのご使用は自己責任とさせていただき、システムによりお客様のシステム環境に変化が生じた場合、あるいはデータ損失、システム障害などが起きた場合、そのいかなる損害についてもOCSはそれを補償致しません。弊社の事由によりシステムそのものが使用不可能になった場合でも、復旧の間のお客様の損害などについても、補償できません。
    また、システムはOCSでのメンテナンスの場合、使用ができなくなる場合があります。
    その場合は事前にメンテナンス期間を弊社ホームページ上で告知するものとします。
  • 9.利用の停止
    お客様は、OCS独自の判断により、お客様に通知することなくシステムの使用を停止または終了させることに同意して頂きます。
    この場合、お客様は直ちにシステムの使用を停止し、ID・パスワードの情報を破棄していただきます。また、お客様は、システムへのアクセスの停止または終了についても、OCSがお客様に対して一切の責任を負わないことに同意して頂きます。
  • 10.保証の免責
    OCSは、システムに掲載している各種の情報についていかなる保証もいたしません。
    システムの使用はお客様自身がすべての責任とリスクを負担するものとします。
    システムは現状のあるがままの状態で提供されています。OCSは、商品適格性、第三者の権利の非侵害、特定目的への適合性の黙示的保証を含むいかなる保証の責任をも負いません。OCSは、システムの使用により得られるデータ、情報またはサービスの正確さ、完全性、安全性、適時性について生じたいかなる損害についても一切保証するものではありません。
  • 11.責任の制限
    OCSはシステムの利用またはその利用の結果生じた特別損害、間接損害、偶発損害、結果損害、派生的損害および懲罰的な損害について、発生の可能性についてOCSが事前に知らせていたか否かを問わず、お客様に対して適用される法により許される限りにおいて、またOCSが何らかの損害について責任があると特段に認められる場合を除いて、OCSは何らの責任も負いません。
    これらの責任制限は、サービスの使用または誤用等による損害、あるいはサービスの障害、停止、中止などによる損害についても適用されるものとします。また、責任制限によって達成しようとする本質目的が達成できない場合であっても、法律の許す限り一切の責任を負わないものとします。
  • 12.輸出統制法を含む法の順守
    お客様は、システムを全ての適用される法律、裁定、規則に従い、OCS自身の判断によりOCSの商業権や評判にマイナスに反映しないやり方で使用すること、また、お客様はOCSに適用されるいかなる法律、裁定、規則にOCSが違反する結果になるような行為をとらないことに同意していただきます。
  • 13.一般条項
    お客様は、この「規約」や規約に基づくいかなる権利も譲渡または移転することはできません。
    本規約の成立、解釈及び履行、その他お客様のシステムの利用に関しては、すべて日本法が適用されるものとします。本規約、または、システムの利用に関して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。本項を含めた本規約のすべての規定内容が有効とはいえない法域においては、利用者はシステムを利用することは出来ないものとします。

以上