OCSの社会貢献

OCSの社会貢献への取り組みをご紹介します。OCSでは物流事業を通じて、社会への貢献や、環境に配慮した事業運営を行ってまいります。

アジアを代表するインテグレーターへ そこに、私たちの新しいValueがあります。

日本の製品をいち早くアジアへ、アジアの製品を日本へ

OCSはANA Cargoと一体となり、日本とアジアを結ぶ最速ネットワーク(沖縄貨物ハブネットワーク)を通じて、日本の製品をいち早くアジアの皆様へお届けしています。
全国各地で生産された製品が翌日にはアジアのお客様の元へ、アジアで生産された製品が最速で日本のお客様の元へ、OCSの最速ネットワークによりお客様の在庫の最小化、製品の短期間での市場投入が可能になります。

OCSは「日本の製造業の更なる発展」に物流事業を通じて貢献して参ります。

日本の新鮮な魚、青果物を最速でアジアへ

OCSは、日本各地で水揚げ・生産された日本が誇る一次産品をアジアのお客様へお届けしています。世界トップレベルの品質を持ちながら、日本での消費量が減少傾向にある一次産品を、OCSは最速ネットワークを通じて、アジアの活発な消費マーケットにお届けしています。
日本各地で水揚げされ早朝築地に入った魚が夕方には香港のレストランや食卓に並ぶ、このネットワークのスピードは日本の生産者にも、またアジアの消費者にも大変喜ばれております。

OCSは、日本各地で生産された産品の安心・迅速・確実な輸送を通じて日本の「一次産業の発展」に貢献して参ります。

海外の日本人駐在員のご家族をサポートする「海外生活サポート事業」

日本企業の海外進出が益々活発化する中、日本人の海外駐在員及びそのご家族の数は年々大きく増加しています。この増加に伴い、海外の慣れない環境で生活する方々の「心の健康」をどう保っていくかが注目されるようになってきました。海外での生活を安心して送れるよう、OCSは創業以来、日本の食料品、雑誌、通信教育教材、日本人学校や塾向けの教材など、迅速・丁寧にお届けする事業を行っております。

OCSは、「海外で生活される日本人の皆様の安心な生活」へこれからも貢献し続けてまいります。

越境EC事業で日本が誇る日本各地の製品を海外へ

2017年より本格的に開始したOCSの越境EC事業。パートナーであるACD社と連携し、まずは中国のお客様へ安心・迅速・確実に日本各地の製品をお届けする事業をスタートしました。
これにより、日本各地の生産者は安心して中国のお客様へ製品を販売、送付、売上金の回収が可能になりました。また、ECモールへの出店に際しては翻訳の心配もいりません。中国のお客様は、安心して日本正規品を購入していただけます。

OCSは越境EC事業を通じて「日本各地の中小の製造業、小売業の発展」に貢献して参ります。

環境負荷低減に向けた取り組み(エコドライブ推進活動)

国際エクスプレス会社として多くの集配車両を使用しており、CO2削減に向けた集配・輸送の効率化と環境に配慮した安全運転を、協力会社とともに推進しています。その一環として、エコドライブスローガンの選定や集配全車両への「エコドライブステッカー」の貼付を行うとともに、ドライバーの名称を「エクスプレスクルー」に改めるなど、お客様にコミットメントするプロジェクトを展開しています。

海外への救援物資輸送

ANA グループでは、2013年11月8日にフィリピン中部を直撃した台風30号の被害状況を踏まえ、無償でフィリピンへの救援渡航および救援物資の輸送協力を実施、その救援物資の輸送をOCSとANACargo共同で執り行いました。