大韓民国向け貨物のHSコード分類番号表記について

2014年08月04日

平素より弊社サービスのご利用を賜り、誠にありがとうございます。

 

2014年8月より大韓民国向けで申告価格がUS$100(CIF)未満の貨物についても、輸入の際にHSコード(最初の分類番号2桁)の申告が必要となりました。
大韓民国向け貨物をご発送の際には、インボイスにHSコード(最初の2桁)の記入をお願いいたします。
インボイス上にHSコード(最初の2桁)がない場合、通関および配達遅延の原因となりますので、ご理解ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

※HSコード(Harmonized System Code、統計品目番号)の分類番号は下記税関ホームページでご確認いただけます。
▼税関ホームページ 輸出統計品目表(2014)

 

なお、大韓民国では2014年1月より住所表記が変更となっております。輸入申告も新しい住所表記での申告が必要となっておりますので、ご発送の際にはご留意くださいますようお願い申し上げます。

 

下記ご案内も併せてご確認ください。
▼大韓民国向け貨物の住所表記について(2014年6月24日)

 

ご不明な点等ございましたら、弊社カスタマーサービスまでお問い合わせください。

お知らせ一覧に戻る