燃油サーチャージ

OCSでは、「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を設定し、航空燃油価格および航空保険料の高騰などに関わる費用増の一部をお客様にご負担いただいております。

燃油サーチャージ料率変更のお知らせ

2017年1月1日以降に集荷する貨物に対する燃油サーチャージは、ご利用送料の 11.5%となります。
2017年1月 シンガポールケロシン基準値= 64.25 USD

2016年履歴
年月 料率
2016年1月 8.0%
2016年2月 6.0%
2016年3月 4.0%
2016年4月 5.0%
2016年5月 6.0%
2016年6月 7.5%
2016年7月 8.5%
2016年8月 10.5%
2016年9月 9.5%
2016年10月 9.5%
2016年11月 10.5%
2016年12月 11.0%
2017年1月 11.5%

過去2年間の燃油サーチャージ料率の履歴

燃油サーチャージのご請求について

OCSでは日本発の全ての国際エクスプレスサービスおよび日本着のエクスプレスサービス「IEX IMPORT」について、燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を適用させていただきます。
燃油サーチャージの基準および運用につきましては以下のとおりです。

設定

アジア地区の代表的なジェット燃料であるシンガポールケロシンの価格を基準として採用しております。
ご請求の料率は、適用月前月の第1営業日のシンガポールケロシン価格と航空会社がOCSに適用する燃油設定指標価格のうち、どちらか高い方の価格を次月の設定価格とし、「燃油サーチャージ設定基準」に基づき料率を適用いたします。
(例えば、1月分燃油サーチャージはシンガポールケロシン市況価格12月1日と航空会社が1月から適用する燃油設定指標価格のうち、どちらか高い方の価格となります。)

運用

「燃油サーチャージ設定基準」の見直しは毎月行い、上記条件を元に料率を決定し翌月1日発送分から適用いたします。
翌月分の変更は、OCSホームページにて毎月更新されます。

燃油サーチャージ設定基準表

シンガポール ケロシン 1バレル価格(US$) OCSの燃油サーチャージ料率表
32.49 ~ 34.80 5.00%
34.81 ~ 37.12 5.50%
37.13 ~ 39.44 6.00%
39.45 ~ 41.76 6.50%
41.77 ~ 44.08 7.00%
44.09 ~ 46.40 7.50%
46.41 ~ 48.72 8.00%
48.73 ~ 51.04 8.50%
51.05 ~ 53.36 9.00%
53.37 ~ 55.68 9.50%
55.69 ~ 58.00 10.00%
58.01 ~ 60.32 10.50%
60.33 ~ 62.64 11.00%
62.65 ~ 64.96 11.50%
64.97 ~ 67.28 12.00%
67.29 ~ 69.60 12.50%
69.61 ~ 71.92 13.00%
71.93 ~ 74.24 13.50%
74.25 ~ 76.56 14.00%
76.57 ~ 78.88 14.50%
78.89 ~ 81.20 15.00%
81.21 ~ 83.52 15.50%
83.53 ~ 85.84 16.00%
85.85 ~ 88.16 16.50%

*上記料率は予告無く変更する事がございますので予めご了承願います。

国際輸送サービスラインナップ