寄贈・リサイクル活動

海外への衣料品寄贈

2017年からANAグループ企業と協働で着なくなった衣類やバッグ・靴・服飾雑貨を開発途上国に毎年送付しています(2020年12月までの寄贈実績:12,987着)。
img_csr_6

ペットボトルキャップ寄贈

のどを潤した後、捨てないで専用BOXで回収し、寄贈。1,720個のキャップでポリオワクチン1本になり、世界の子どもたちを救います(2020年12月までの寄贈実績:196,493個(547kg)、148本のワクチンに相当)。
img_csr_7

使用済み切手寄贈

使用済みの切手を収集。1kgあたり、1,100円に換金され、ポリオワクチン60本分となります(2020年12月までの寄贈実績:1,741g、9,737枚)。
img_csr_8

使い捨てコンタクトレンズ空きケース寄贈

使い捨てコンタクトレンズ空きケースリサイクル運動「アイシティecoプロジェクト」に協力。社内で収集した空きケースをeyecity(HOYA)で回収後、リサイクル業者での収益を日本アイバンクに寄付しています。(2020年12月までの寄贈実績:8.35kg、8,350個)
img_csr_9

環境負荷低減に向けた取り組み(エコドライブ推進活動)

国際エクスプレス会社として多くの集配車両を使用しており、CO2削減に向けた集配・輸送の効率化と環境に配慮した安全運転を、協力会社とともに推進しています。その一環として、エコドライブスローガンの選定や集配全車両への「エコドライブステッカー」の貼付を行うとともに、ドライバーの名称を「エクスプレスクルー」に改めるなど、お客様にコミットメントするプロジェクトを展開しています。
img_csr_5
img_csr_10

SAFに関して

OCSは全日本空輸株式会社(以下「ANA」)の「SAF Flight Initiative」において、CO2排出量削減に関する契約を締結しました。
「SAF Flight Initiative」は、持続可能な航空燃料SAF(Sustainable Aviation Fuel)の活用により、産業バリュー チェーンにおけるCO2排出量削減を目的としたプログラムです。本プログラムへの参画を通じてOCSは、ANA便における間接的なCO2排出量削減に取り組み、より一層環境に配慮した国際物流企業へ成長することを目指します。 今後は、OCSをご利用いただいている荷主様に対しても、ANAの本プログラムおよびSAFの認知度向上を図り、荷主様も本プログラムに直接参画できるスキームを構築する予定です。 世界経済を支える国際物流において重要な輸送手段のひとつである航空ネットワークは、島国である日本の企業にとって非常に重要なインフラです。本プログラムを通じ、これからもANAグループ一丸となって『航空ネットワーク維持』という社会的な使命を果たしていきます。

Contact

海外への輸送サービスを見直してみませんか?
貴社の課題をOCSにお聞かせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
平日 8:30〜19:00 土 9:00〜16:00(日・祝祭日 休み)
IP電話はこちら 03-4231-9234
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
輸出入のお役立ち資料は
こちらから

ヘッダー・ナビゲーションを表示させるためのセクションです

※削除しないで下さい。
※公開画面では非表示になります。