【再掲載】トルコ向け貨物インボイスへのHSコード記載必須について

2021年12月09日

お客様各位

 

平素は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2017年1月より、トルコの輸出入通関制度変更によりHSコードの記載が必須となりましたが、この度、内容の一部に更新があり再掲載のお知らせとなります。HSコードの記載漏れによる通関遅延を防止するため、誠にお手数をお掛けいたしますが、適切なインボイス記載へのご理解とご協力を賜りたくよろしくお願いいたします。

 

●対象:すべての非書類貨物(SPS)

●インボイスに記載が必要な情報

①各品目のHSコード(6桁):すべての品目について漏れなくご記入ください。

②荷受人様(輸入者様)のVAT番号(法人の場合)、またはID番号(個人の場合)、またはパスポート番号(外国人の場合)。

 

※上記の要件は、トルコ税関を経由し第3国宛に送付される非書類貨物(SPS)もすべて適用対象となります。

対象国:アゼルバイジャン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスタン、ジョージア、タジキスタン、トルクメニスタン(*)

*なお、トルクメニスタン宛貨物の受託については一時中止中です(2021年12月9日時点)

 

参考情報

※HSコードとは:“Harmonized Commodity Description and Coding System”(「商品の名称および分類についての統一システム」として、国際貿易商品の名称および分類を世界的に統一する目的のために作られた6桁(品目によりましては9桁)のコード番号です。HSコードについては輸出統計品目表をご覧ください。

2017年1月16日付弊社ウェブサイトへ掲載のお知らせ

 

株式会社OCS

カスタマーサービス

お知らせ一覧に戻る