【トルコ】インボイスの記載内容について

2011年02月18日

~インボイスには詳しい内容とHSコードの記載が必要になります~

 

昨年7月1日から、トルコ税関では、輸出入通関の制度が変更になり、品目ごとのHSコードを記入することが義務づけられています。記載のない場合は通関が大幅に遅れるため、HSコードを記入して頂きますようお願いいたします。
インボイスには発送人様、受取人様の”郵便番号・住所・電話番号”を漏れなくご記入頂くと共に発送品目の内容を次の通り詳しくご記入ください。

 

1)Invoice 表記は「INVOICE」と記載「PROFORMA INVOICE」は不可です
2)Invoice Number インボイス番号を記入してください
3)Country of Origin 原産国
4)Description of Goods 積荷明細
5)HS Code 品目ごとにHSコードが必要です
6)Net Weight 品目ごとの正味重量
7)Gross Weight 総重量
8)Pieces 個数
9)Value and Currency 価格と通貨

 

HSコードは、すべての品目にHS Codeを記入するようお願いいたします。通関書類の記入不備は申告・配達に遅れが生じる可能性がございますので、ご協力の程お願い致します。
また、トルコ税関を経由して送付される諸国も対象となります。

 

※対象国:アルメニア、アゼルバイジャン、グルジア、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン

 

参考情報
HSコード表:http://www.customs.go.jp/yusyutu/2010/index.htm

 

※”Harmonized Commodity Description and Coding System”(「商品の名称および分類についての統一システム」(=以下HSと略す)として、国際貿易商品の名称および分類を世界的に統一する目的のために作られた6桁(品目によりましては9桁)のコード番号です。

お知らせ一覧に戻る