インボイスの作成について

ご利用時に必要なインボイスの作成についてご紹介します。
インボイスは、海外へ書類以外の貨物を発送する場合に、荷送人(輸出者)が荷受人(輸入者)に宛てて作成する貨物の明細書です。
輸出通関の際に税関へ提出することが義務づけられており、相手国の輸入通関の際にも必要となる重要な書類ですので、不備のないよう正確にご記入ください。

「i-WiLL」について
運送状・インボイスの作成履歴がご利用いただけます!
i-WiLLとは、発送準備および情報管理などが簡単に行えるWEBシッピング・システムです。
ご登録いただくと、過去の作成履歴を利用することができ、運送状・インボイスの作成が短時間で完了します。
ご登録は無料です。この機会にぜひご登録をお願いいたします。

インボイスの作成について

インボイス運送状
  1. 荷受人の会社名、住所、担当者氏名、担当部課名、および電話番号(輸入者と配達先が異なる場合は、importer(輸入者):deliver to (配達先):と、それぞれ判るように明記ください。
  2. 運送状のナンバー
  3. インボイス作成日(西暦でご記入下さい。)
  4. 建値(FOB,CIFなど)
  5. 梱包数量記入
  6. 発送物の品名(品名は「PARTS」「SAMPLE」などの記載ではなく、具体的な名称をご記入ください。(用途、材質、成分など))
  7. 数量(PIECES,SHEETS,SETSなど分けてご記入ください。)
  8. 税関申告単価
  9. 小計金額(それぞれの税関申告価格をご記入ください。(7)×(8))
  10. 合計数量・合計金額(税関申告総額)をご記入ください。
  11. 無償の場合は、NO COMMERCIAL VALUE/VALUE FOR CUSTOMS PURPOSE ONLYと明記してください。
  12. 発送物の原産国名
  13. 荷送人の会社名、郵便番号、住所、担当者名、担当部課名、および電話番号を記入してください。荷送人(輸出者)に不備がある場合、輸出通関手続きの遅れにつながります。
  14. 実筆サイン

国際輸送サービスラインナップ