従価料金制度について

貨物に対するOCSの責任は、運送約款に基づき、損害を受けた貨物1キログラムあたり19SDRまたはUS$100のいずれか高い方の金額が限度となります。
ただし、この限度額を超える金額の補償をご要望の場合、従価料金制度をご利用いただき、補償限度額を貨物の申告額まで引き上げることができます。

保険制度

申告価格に応じた割増料金(=従価料金)をお支払いいただくことにより、補償限度額を申告額まで引き上げる制度です。

※実際の賠償額は、補償限度額内で正当と認められるその物品の価格をもとに算出されます。

従価料金

運送状にご記載いただいた申告額(補償対象額)に応じて、以下の従価料金をお支払いいただきます。

申告額上限

従価料金制度をご利用いただける申告額の上限は 50,000,000円です。

申告方法

i-WiLLをご利用の場合

Air Waybillの作成手順の中で、補償対象価格をご入力ください。

Air Waybill/インボイス作成画面 > Air Waybill作成画面 > 6.貨物情報 > 補償対象価格

貨物情報サンプル画像、「補償対象価格」この欄で通過を選択します。隣の欄に「補償対象価格」をご記入ください

複写式のAir Waybillをご利用の場合

複写式のAir Waybillサンプル画像 補償対象価格(Declared Value for Carriage)の欄に「補償対象価格」をご記入ください。

国際輸送サービスラインナップ