中国への荷物発送にかかる日数は?輸出書類の重要性

中国へ荷物を発送しようと考えたとき、気になるのは日数ではないでしょうか。

中国をはじめとした海外への荷物発送は時間がかかるイメージがありますが、場合によっては国内配送と変わらない日数で荷物を届けられる場合があります。

企業の担当者のなかには、「中国へ荷物を発送したい」「荷物が到着するまでの日数が知りたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、荷物が中国に届くまでの日数や利用できる発送方法の概要、必要書類などについて詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.中国への荷物発送にかかる日数は
  2. 2.エクスプレスで中国に荷物を発送する方法と所要日数
    1. 2.1.①エクスプレスの特徴
    2. 2.2.②配送にかかる日数
  3. 3.フォワーディングで中国に荷物を発送する方法と所要日数
    1. 3.1.①フォワーディングの特徴
    2. 3.2.②配送にかかる日数
  4. 4.中国輸出で準備するべき書類
  5. 5.まとめ
  6. 6.中国に荷物を発送するなら『OCS』がおすすめ!


中国への荷物発送にかかる日数は

中国へ荷物を発送する方法は複数あり、利用するサービスや配送会社などで目的地に届くまでの日数が異なります。

各配送会社には得意とするエリアや荷物があり、中国に拠点を設けている、またはネットワークがある配送会社であれば、中国に安定して短い日数で荷物を届けられる可能性があります。

荷物の大きさや重量も日数に影響する要素であり、書類や製品サンプルなどの比較的小さい荷物であれば、数日程度で中国に届けることが可能です。



エクスプレスで中国に荷物を発送する方法と所要日数

ここでは、中国に荷物を発送する際に利用できる手段の一つ、エクスプレスの概要について解説します。

①エクスプレスの特徴

エクスプレスとは、基本的に一つの配送会社が送り先から届け先まで一貫して荷物の発送を行うサービスのことをいいます。

Door to Doorと呼称されることがあり、一つの配送会社がすべての工程を請け負うため、コストを抑えながら安定してスピーディーに目的地に荷物が届けられることが特徴です。

少量・軽量の荷物を得意としており、書類や製品サンプルなどの海外輸送に向いています。

②配送にかかる日数

エクスプレスは基本的に自社で発送業務を手配しているため、比較的短い日数で荷物を届けられます。

輸入通関の状況にもよりますが、中国であれば1日〜3日程度が日数の目安です。中国に拠点を設けている配送会社であれば、翌日に荷物が届くというケースも少なくありません。



フォワーディングで中国に荷物を発送する方法と所要日数

続いては、中国に荷物を発送する際に利用できる手段の一つ、フォワーディングの概要について解説します。

①フォワーディングの特徴

フォワーディングとは、送り主の要望に沿って最適な配送ルートを提案するサービスのことをいいます。

自社で輸送手段は持たず、配送会社とのコネクションを活かして、空路、海路、陸路を組み合わせて配送プランを導き出します。

荷物の発送における柔軟性が特徴であり、サイズや重量、目的地などに合わせてアレンジが可能です。

通関手続きをはじめとして各種手続きも請け負ってくれるため、はじめて中国に荷物を発送する場合でも安心です。

②配送にかかる日数

フォワーディングは自社で輸送手段を持たないため、エクスプレスと比較すると配送にかかる日数は伸びる傾向にあります。

急ぎの納期がある場合や可能な限り早く荷物を届けたい場合は、フォワーディングサービスを提供している会社に相談してみると対応してもらえる可能性があります。



中国輸出で準備するべき書類

海外へ荷物を輸送する際には通関手続きのために正確な書類を準備する必要があります。

特に重要な書類の一つがインボイスです。インボイスは荷物を海外に発送する際に、荷物の明細書を記載したもので、輸出通関の際に税関へ提出することが義務づけられています。また輸入通関の際にも必要となる書類になるので不備のないよう正確に作成する必要があります。

例えば、品目欄に「LADY’S SHIRTS POLYESTER 100%」など内容品の詳細(材質・用途)を記入します。 「SAMPLE」「STATIONERY」等の総称のみの場合や品番・型番のみの場合、内容品の特定が難しく、確認作業に時間を要するため、輸送の遅延につながる可能性があります。

また中国向けの場合、原産国/地域の記載やCRコードの情報も必要です。その他、商品価格の記載、価格の算出根拠となる取引条件(インコタームズ)の記載なども正確に記載する必要があります。

上記のように情報の漏れや誤った情報があると、通関の遅延や罰金が発生する可能性があります。そのため書類に不備がないかをしっかりと確認した上で、準備をする必要があります。正確な書類は円滑な通関手続きを可能とし、安全でスムーズな輸送を実現する大切な要素です。



まとめ

この記事では、中国への荷物発送について以下の内容で解説しました。


  • 中国への荷物発送にかかる日数
  • エクスプレスで中国に荷物を発送する方法と所要日数
  • フォワーディングで中国に荷物を発送する方法と所要日数
  • 中国輸出で準備するべき書類


中国への荷物発送は時間がかかるイメージがありますが、利用する配送会社によっては最短で翌日に届けられる場合があります。

ただし、いずれの配送方法も営業エリアや対応できる荷物が異なるため、発送しようとしている荷物に合わせて適切に選ぶことが重要です。



中国に荷物を発送するなら『OCS』がおすすめ!

中国に荷物を発送するなら『OCS』がおすすめです。

OCSは『ANAグループ』の一員であり、圧倒的な航空輸送網による一貫エクスプレス輸送を展開する配送会社です。
世界50ヵ国以上、130以上の拠点があり、グローバルネットワークを活かした確実かつスピーディーな配送で企業の輸出ニーズに応えます。

中国にも複数の拠点を設けており、最短で集荷翌日の午前中に荷物を届けることが可能です。

海外事業所 東アジア (https://www.ocs.co.jp/aboutocs/office_eastasia)
OCSの海外事業所(東アジア)についてご案内します。OCSは世界50ヵ国にわたり、5の現法法人、4の合弁会社を含む130以上の拠点に及ぶグローバルネットワークを有しています。


OCS』では、ANAグループのネットワークを活かした高速輸送サービスを提供しています。
業界トップクラスの応対品質を誇り、荷物を安全に届けることはもちろん、万が一のトラブルの際も迅速に対応可能です。

​​​​​​​詳しくは、お気軽にお問い合わせください。


▶お問い合わせ ❘ 国際輸送、海外生活サポート (https://www.ocs.co.jp/contact)
OCSのサービスに関するお問い合わせ先についてご案内します。

▶資料ダウンロード (https://www.ocs.co.jp/download)
OCSのサービスに関する資料をご覧いただけます。



ヘッダー・ナビゲーションを表示させるためのセクションです

※ヘッダー・ナビゲーションの編集は「ヘッダー&グローバルナビゲーション編集用」ページより行って下さい。
※削除しないで下さい。
※公開画面では非表示になります。

記事一覧